中国語を表示するには
ホーム

 

ホーム

 中華圏の Web Site を見るに当たって一番問題になるのは、文字コードの問題だと思います。このページでは、文字が正しく表示されるようにする方法をお教えします。

 中華圏の Web Site は当然、中国語(中国語というのは元来存在しないのですが一括名称として使用しています)で表記されている場合が多いですね。

 文字コードは主に GB Big-5 が使用されています。GB は簡体字で大陸の Site で使用されています。Big-5 は繁体字で台湾・香港の Site で主に使用されています。

 これらのSite を日本語の OS で見ると文字化けして何が書いてあるのか全くわかりません。

 私はMacintosh は使わないので、ここでは、Windows マシンについてのみお話します。一番簡単なのは Windows2000/xp を使用することです。Windows2000/xp は最初からマルチランゲージに対応していますので、手間が少なくてすみます。

 じゃあ、Windows 9x 系はどうすればよいでしょう。手っ取り早いのは Internet Explorer 5.5以上(以下 IE5.5)Install しましょう。無料(電話代等は必要ですが…)で使えます。

 IE5.5 が使えるようになったら、IE5.5 のアクセサリの「簡体字中国語サポート」「繁体字中国語サポート」「簡体字中国語メニューとダイアログボックス」「繁体字中国語メニューとダイアログボックス」を選択し Install します。これで、中国語の Site が見れるようになります。

 でも、これだけでは入力が出来ないので、SearchEngine を使っての検索が出来ません。検索するためには、先ほどの IE5.5 のアクセサリーから「簡体字中国語 IME」と「繁体字中国語 IME」を Install しましょう。これで、検索もばっちりです。

 IE は嫌いだ!って言う人で、経費をかけずに見るには「MingLiu」「MS Hei」などの Font をダウンロードして、Netscape の設定で指定してやれば、少なくとも見れるようになるのですが、今はこれらの Font はどこにあるのかちょっと不明です。

 お金がかかっても良いのでしたら、高電社の「Chiness WriterV5」が良いと思います。入力も可能ですので、検索も出来ます。ワープロでも使えますので、中国語の文章も作れます。Windows2000/xp にも対応しています(ホームページからアップデートファイルをダウンロードする必要があります)。

 以上ですが、分からないところがあれば、下記にあるアドレスにMailください。相談には乗れると思います。

 それでは、中国語NetSurfing をお楽しみください!

 

 
webmaster@Chinoiserie.com